面接は座右の銘の例文で乗り切ろう!自分らしいアレンジを加える方法。

もうすぐ春。

新しい環境になる方がたくさんいる中、

自分をアピ―ルする機会もとっても増えると思います。

答え方の例も添えておきましたので、ご自身の境遇に合わせて

参考になるものをつかってみてくださいね。

スポンサーリンク

有名なことわざと答え方の例

実るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂かな

有名なことわざです。

575調なので、俳句もしくは故事成語と推測して、「成語林」「成語大辞苑」で調べると、詠人不明のことわざ扱いになっている。故事成語の類であり特典の出典はなし。
時期的には、五七五調なので俳句が生まれた時代以降としか判別しない。

引用:レファレンス協同データベース

意味:稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も経験・知恵や徳が深まるにつれ

謙虚になっていきますが、小人物ほど中身を得ない実のように軽く、尊大に振る舞うものでもあります。

答え方の例:仕事をするからにはなすべきこととして健闘したいと思っておりますが、

いかなる場合でも決しておごることなく謙虚な姿勢や感謝の気持ちを忘れないようにしたいと

考えるからです。

一期一会

意味:出来事・出会いは生涯に一度限りであると考え、そのことを大切に専念するという意味です。

井伊直弼(幕末の大名)が茶道の一番の心得として、著書『茶湯一会集』巻頭に「一期一会」と表現した。

出典:Wikipedia

答え方の例:明日がある、とのんびり構えることも大切ですが

今この時の出会いや出来事は二度とやってこないと思い、仲間やお客様にも

ひとつひとつ感謝の気持ちをこめて丁寧に接していきたいと思います。

継続は力なり

意味:住岡夜晃さんという宗教家の著作の一節の言葉です。

始めることは誰にでもできるが、何よりひたむきに努力を続けていくことが難しく、

最も大切であるというのが一般の意味です。

ですが、元来の意味は少し違います。

————————

真の強さは一つの道を貫くことである。

強さとは腕力を奮うことではなく

友人だからといって間違った道に共に落ちることでもなく

ひたむきに、何を残すべく一日を送るのか

例えその道が地味であっても平凡であっても

一つ道を貫け。

一心になった時、腰をおろして覚悟を決めた時

心が輝きだす。

幾度も泣いて、かみしめて、一心に貫くことである。

おおまかではありますがこのような深い深い意味があります。

 

答え方の例:継続は力なりという言葉は

地道に努力を重ねればいつか実になるという意味で使われていますが

それだけにとどまらず、いかなる状況にも泣き言を言わないように

定めた目標をひとつひとつ達成できるように精進したいと思っています。

切磋琢磨(せっさたくま)

意味:学問や道徳、技術などを磨くこと。

また、仲間同士が励まし合い、学問や技術の向上をめざすこと。

答え方:ひとりではくじけそうな時も、仲間たちと励まし合いながら

1歩でも2歩でも前進できるように、良いものを作り上げられるように

がんばります。

自分らしさを加えられる座右の銘と答え方の例

転ぶことを恥じるな、転び方を覚えよ。

意味:人生はいろんな意味で転んだりつまずいたりします。

転んだ時にただ嘆いたり悲観的になるよりも

何が悪くてつまずいたのか考えてみるのもいいです。

答え方の例:間違えることを恐れて学ぶ機会を失うよりも

例え間違えることがあってもそれをひとつの経験や学びとして

向き合っていきたいと思っています。

人に優しく、自分に厳しく

意味:実は自分に厳しくできるのって自分だけなんです。

みんな自分のことで精いっぱい。

粛々と努力するのは自分自身の気持ち次第なんですね。

答え方の例:人に優しくできることが一番の強さだと思います。

まだ未熟なわたしですが、自分に厳しくできることが最大の成長であり

最終的には優しさなのではないかと考えています。

続けることが才能のなせる業。

意味:将棋の羽生善治さんの言葉です。

才能とは何かと問われれば、「続けることだ」と私は答えます。続けることなど誰にでもできると思うでしょうが、実はこれが最も難しいのです。

出典:偉人が残した名言集

答え方の例:偉人達はみなひとつの道を貫いていますし、

その背中を追いかけていくことが自分への挑戦と思ってがんばります。

動かしたいなら何もするな。

意味:動こうとするほど動きたくなくなるものなのですが

もし調子が悪かったり気持ちが盛り上がらなかったら

無理に動かないこと。

それを自分で決めると自然に動いてたりするものです。

答え方の例:先を見越していろいろ動いてしまうと空回りしないよう

一度じっくりと腰をおろして何が必要な動きなのかしてゆくための

教訓にしています。

人生は選べない。人生に選ばれているのだ。

意味:就きたい仕事に就けない、出会いたい人に出会えない、そんな時

そう思うとなるほどと思います。

そこでクリアすべきことがあるということですね。

答え方の例:自分の過去や環境に不満を持つことよりも

いま自分の置かれている状況は自分を選んでくれたんだという気持ちで

いかに良い方向へ向かえるのかを考えていきたいと思っています。

今日は昨日のゴール。

意味:今日起きたことは昨日何をしたかの結果。

もし芳しくないなと思ったら今日、明日のために

どんな小さなことでも成功に近づくことをひとつしておきましょう。

答え方の例:毎日が継続の連続だということを忘れがちですが

今日は昨日の結果であり、今日行うことは明日に反映していきます。

1日1日を大切に生きるために、この言葉をいつも心にとめています。

アンチはヒント

意味:アンチな言葉は痛いので排除したいのが心情ですが

痛いのは図星な面があるから、今更反省することを見せられてると

いうことです。ちょっと視点を変えるとイメージが広がるんです。

ただし心ない中傷は無視しましょう。

答え方の例:批判的な言葉はとても怖いことですが怖いからと言って逃げてしまうよりも

その言葉をひとつひとつくみ取っていけば必ず自分にとってヒントになることがあると思います。

どのような現場に立っても、どのような言葉を頂いても

謙虚に受け止められる人物に成長したいと思ったからです。

いかなる時も笑いに変えることが修行。

意味:まるかんの斎藤一人さんの言葉です。

嫌なことがあった時、ムッとしたりがまんしたりすることは

どちらかというと楽な手段だったりします。

下り坂をただ下っていく行為みたいなもの。

答え方の例:今まで我慢をすることが修行だと教えられてきましたが

斎藤一人さんの言葉でぱっと道が開いたような気がしました。

辛い時こそ凛とにこやかに、職場でもどのようば場でもムードメーカーで

ありたいと思いこの言葉を目標としています。

最後の詰めこそ気を抜くな

意味:ゴールが見え始めると気が緩むんですね。

例え視野の中にゴールが見えていても

自分の立ち位置はまだたどり着いていないんです。

そういう時こそ慎重に。

答え方の例:上手くいきかけるとつい気が緩みがちになってしまうものですが

例え結果が間近に見えても最後まで成功に導くことができるように

気を抜かないように謙虚に生きたいと思っています。

幸せになること以外全部無視

意味:自分が今していることが滞っている場合

それは今自分の幸せや成功と何の関係があるんだろうか

ということを少しピックアップし、無駄を省いていくことが大事。

答え方の例:厳しい状況に陥っても、そのことだけに囚われず

いま、それがチームにとっての成功になるか、達成に導くのかを考え

マイナスな点は勇気を持って省いていくことにも目を向けなければ

いけないと思っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

何かひとつでもお役に立てれば嬉しく思います。

ぜひ成功しますよう、がんばってくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました、

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です