【心がしんどいとき】どのブログを読んでも気が晴れないあなたへ。

いつも考えていました。

わたしに何ができただろう。

わたしがしたことは正しかったんだろうか。

わたしなんて生きている価値があるんだろうか。

そう考える日を重ねながらなんとか生きてきました。

自分をたもつだけで精一杯・・

そして疲れきってしまう。

この年になってもまだそんな日がたくさんあります。

いつも這いずって生きてきた気がするなあ

いろいろあったからね。

だめだめだね。

それで

心がしんどいときとか

心が弱ってるときとかっていうブログには

行ってみたけど

なんかみんな元気だな・・って思ってしまう。

そうか、わたしはもっと低い位置にいるのか(笑)

 

そして

この年になって思うのは

世の中何が起こるかわからないということ、

あした必ず生きているという保証なんてないということ。

 

だとしたら

わたしができることはなんだろう。

 

少なくとも

自分のいのちが寿命を迎えるまでは

生きてみるか。

 

そこからかな。

低い?

でも仕方ないね、

自分にできることには限りがあるよ。

貢献しようなんておこがましいことだな、って

今更ながら思う。

 

でも、ひとつくらいはできるかもしれない

まず一歩。

 

好きなものはなんだっけ。

きょうは晴れ。

 

思い出した。

何が好きだったか。

空ね、空好きだった

ひと様には言わないよ。

不思議ちゃんとかからかわれるから。

でもきれいな空はつい撮ってしまう。

 

明日をむかえたり

きょうをむかえたりが

しんどいとき

 

仕事するの

やめちゃおうか・・

旅に出ちゃおうか・・

消えちゃおうかな

いや、、

やめてもいいかもしれない

旅もいいけど

もうなんでもいいかもしれない

けど

とりあえず何か

いっこ終えてから決めよう。

 

中途半端は気持ち悪いから

 

自分にとっての大きなしごとが終わったら

でも

3月になったら

でもいい

そこまでならいけそうな気がする

それより前に息切れしたら仕方ないや

それはそれであきらめよう

 

というか、

できればゴール設定は息切れしないとこにしないといけない。

「やったぞ」って気持ちを味わってみたい。

思い出してみたい。

 

それで

 

もし最後までいけたら

ほめてあげよう

自分との約束を守れたら

立派だと思うんだ

 

それで次があるかどうか

その時決めればいい

スポンサーリンク

 

期待しないこと。

ひと様に

人生に

大きな期待なんてしない。

期待通りになんていかない

思い通りになんていかない

 

こうしてくれるはず

こうできるはず

 

疲れちゃうね。

 

ひとつだけ

いまできることを一生懸命やってみる。

歯磨きを一生懸命する。

それでも一歩です。

一生懸命やると丁寧になる。

たましいがこもる。

心が宿る。

ひょっとしたら食いしばる歯がゆるむかもしれないよ。

 

たとえばわたしの場合

わたしにできることは

歯磨きもそうだけど、

絵を描くこと

 

学校にも行けなかったし

下手も下手でいいとこだけど

一生懸命描く。

いまは下手だけどいつかうまくなるかもしれない。

一生下手でも

丁寧に描かないとたましいがこもらない。

こころが宿るように

一生懸命描く。

それだけでいいんだ。

てきとうな絵を描いて後悔するなんてね

言い訳しちゃうでしょ、かっこわるいね。

 

ほめてもらえるかなーとか思うより

びくびくしちゃう。

だって下手だってわかってて

下手くせー、って言われたら傷つくし

よけいなお世話でいう人はほんとうにたくさんいるから

 

でもしようがないね。

評価なんて期待しない。

一生懸命やりました。

だめだったらごめんなさい。

良かったら嬉しいかな、

それくらいでいいよね

 

それぞれ見ている空は違う

同じ空の下にいるけど

見ている空は違う。

どんな気持ちで見上げるかな

このご時世なら

見もしない人が多いかもしれない。

 

人は人。

自分は自分。

その方が孤独にならないね。

 

人と自分をくらべない。

良い悪いも決めつけない。

そしてね、大事なこと

あきらめること。

「大きく乗せすぎた期待」

そんなものいらない。

たいしたことなんてできません。

もしも自慢気なひとをみかけたら

下り坂のひとだなと思っていいです。

 

自分の呼吸で

自分のペースで

自分の感性で

 

 

弱音を言えるようになれたらいいね。

食べよう

お風呂に入ろう

きれいにしよう

洋服を買おう

それは気持ちが落ちていてもついできること

かもしれないですが

弱音もはこう。

だって弱いんだし。

強いんだなんて肩を張らないで

朝と夜があるように

人間も必ず陰と陽を持って生きてる

 

自分なりのバランスでいいから

 

無理しないで

 

一歩だけでいい。

たましいをこめた、一生懸命の一歩

わたしもそんな風にのろのろ一歩、一歩。

 

さいごに

わたしは持病を持っていて

このブログは最後の砦みたいなものなんです。

どこまでいけるのか

どこまで生きられるのか

まるでわからない。

このブログが続いている限りは

ああ、まだこのブログみたいに生きてるなって

思っていてください。

 

がんばって絵を描いて

ここまではやろう、

というところまでは行けたらいい

 

このブログはほんとうにぎりぎりの人向きかもしれないです。

ここまで読んでいるあなたが

このページを二度と開かずとも

明るく生きられる日がくることを

こころから祈っています。

 

だれとも比べることができない

あなただけのしあわせと、

しあわせに生きてほしいって

心から思うんです。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です