【訃報】はしだのりひこさん2日未明死去。ヒット曲「風」「悲しくてやりきれない」「イムジン河」

フォーク歌手・はしだのりひこさん(72)が12月2日、死去。

またひとり、音楽の時代をを築き上げてきた表現者が逝ってしまいました。

「帰って来たヨッパライ」「悲しくてやりきれない」など

ヒット曲を生み続けた、ザ・フォーク・クルセダーズのメンバー。

はしだのりひこ(本名:端田宣彦)さんは、かつて一世を風靡してい

たフォーク王国世代のひとりでした。

2017年12月2日1時すぎ、京都内の病院亡くなりました。享年72歳でした。


ザ・フォーク・クルセダーズ

1967年アルバム「ハレンチ」をもとにフォーククルセダーズの歌がラジオで頻繁に流れることになりました。

「イムジン河」「帰ってきた酔っ払い」は中年世代なら必ず耳にしたことがあるヒット曲。

日本が元気になろうとする時に歌われたこの曲たちは、強烈なインパクトとともに耳障りの良い曲がたくさんありました。

「帰って来たヨッパライ」(1967年12月発売)は1968年に開始されたオリコンで史上初のミリオンヒットになります。子供たちに大人気の歌でした。

「イムジン河」(1968年2月発売)様々な事情があり、この歌は発売が中止になりましたが

のちリリースしたヒット曲「悲しくてやりきれない」はこの歌に少し似ています。

彼らの熱意と信念がそこに見え隠れしましていますね。

若い世代の方々はお父さんやおじいちゃんに聞いてみると「イムジン河」の

詳しいことがわかるかもしれません。

フォークのブレイクによりメンバーが世にでることになり、

活動が少しばらけてしまうのですが

一方では集散を繰り返しながら活動を続けていました。

スポンサーリンク

解散後

ザ・フォーク・クルセダーズ解散後、はしだのりひこさんは

「はしだのりひことシューベルツ」「はしだのりひことクライマックス」「はしだのりひこと

エンドレス」などを結成。

わたしは「風」が印象に残っています。

闘病生活を送っていた。

10年ほど前からパーキンソン病を患い、闘病生活を送っていたようで、

車いすでの生活を余儀なくされていたようです。

音楽活動は行っていませんでした。

関係者の方によると今年5月から白血病を発症していたようです。

今年4月には京都市内で行われた、フォーク仲間らによるコンサートにサプライズゲストとして登場。きたやまや杉田二郎らと共演した。車いすを使っていたが、元気そうにしていたという。これが最後のステージとなった。それから約1カ月後に同市内の病院に入院したという。

出典:デイリーニュース

最期を看取ったのは親族と音楽仲間だったということです。

ご冥福をお祈りいたします。

あまりにも早くいってしまう著名人が多く、切なくなります。

ご病気だったならなおのこと、もっともっと歌いたかったのではないか、

作りたかったのではないかと思います。

わたしも細やかながらフォークに関わっているひとりで、

思わず書かずにいられなくなってしまいました。

はしだのりひこだんはわたしの親世代の方々ですが、本当に良く耳にしたものです。

これを書き終わったら、数々のヒット曲を、なつかしさとともに聞き返したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です