【お葬式の服装】非常識と言われないために覚えておくべきこと。┃女性版┃

こんにちは、オバサーです。

 

悲しいことは突然やってくるもの。

予測できない近しい人の死は、頭が真っ白になってしまいます。

 

突然の訃報に 慌てて準備をして向かわなければならない、

そういう時もあるかもしれません。

 

人生の終わりを送るために

基本的なお葬式のマナーとはどんなものなのでしょうか。

 

故人に対する敬意とご親族に対する気遣いはもちろんのこと

参列した時に恥をかかないよう、失礼にあたらないように、

服装から袱紗までひとつずつ確認をして頂きたいと思います。

スポンサーリンク

 

服装のマナー

 

服装は基本的に黒で統一しましょう。

急な事で揃わない場合は黒に近いグレーや紺色のものを

も少なくありませんが

基本的に黒が常識です。

 

デザインは露出の少ないものが基本です。

襟がないタイプのものでしたら鎖骨が隠れる襟ぐり

襟がついているものでしたら襟の幅がなるべく幅の大きくないもの、

上までしっかりとボタンをしめましょう。

 

スカートは長すぎても短すぎてもいけません

短い場合は膝から5cmは下。

スカート丈が長い場合、長すぎてはいけません。

少なくともふくらはぎの真ん中ぐらいまでの長さが常識です。

 

夏場は肩の出ない半袖のワンピースかツーピースに

薄手の羽織るものがあった方が良く、

素材はポリエステルが好ましい。

冬場の場合素材はウールか化繊が無難でしょう。

 

着物に関して

 

着物は、喪主または一番近しい身内だけが着ます。

近年、男性陣が着物を着ることは珍しくなりスーツでも問題なくなりました。

女性の場合も、用意ができていない場合は黒のワンピースなどでも

問題はないと思います。

 

なぜ黒なのでしょうか。

 

昔々の喪服は白の時も黒の時もあったようです。

死装束が白のように。

しかしなぜ白だったのか黒だったのか

実際のところはお国事情もあるようなので定かではありません。

 

しかし、こんな説もあります。

亡くなった方が成仏しやすいように、地上で送る側が黒い服を着る、

そして亡くなった方が白い死装束を着る。

これはちょっと仏教的で、近所のお坊さんに教えてもらった的な話です。

聞いてみたところ、うちの母もよくわからないようです。

 

とにかく、亡くなった方が成仏しやすいように

黒い服を着て差し上げましょう。

 

靴のマナー

 

お葬式においての靴の常識は

黒の、なるべく動物の皮ではない靴、

例えば合成皮革のもの。

そしてかかとが低いものを選んでください。

あまり低いものでも少しおかしいので

かかと3cmから高くても5cmぐらいがベストと言われています。

 

バッグのマナー

 

バッグの場合も同様、色は黒

カジュアルではないもの、動物の皮を使わないもの、

肩掛けや派手な装飾のないもの、

手に持つタイプの小さめのハンドバッグです。

祭儀場の場合、大きな荷物は受付て預かってくれます

ご自宅の場合はどこかに置かせてもらえるようにお願いしてください

焼香が終わったら返してもらいます。

 

告別式の場合は火葬場に行かなくてはなりませんから

その間はやはり式場で預かってもらうか

ご自宅に置かせてもらうようにしてください。

 

装飾品のマナ―

 

装飾品は基本的に真珠の一連のネックレス⁽ないようでしたら

つけなくても大丈夫です⁾になります。

真珠は本物でなくても大丈夫。

間違っても二連のもの、派手なものなどをつけないでください。

指輪は、結婚指輪以外はつけません。

 

お香典⁽袱紗‐ふくさ‐⁾のマナー

 

袱紗⁽ふくさ ⁾にお香典袋入れます。

※うちにあった袱紗。入れ方もこれであっています。

袱紗は寒色のものを選びます。

無難な色を選ぶとしたら紫色などが良いです。

元来は金額によって色などが違うようですが

おそらくはそこまでこだわらなくても大丈夫だと思います。

 

まとめ

 

急にかけつけなければならない場合も時にはあるかもしれません。

それでもなるべく派手は格好は避けた方が良いですね。

よくキオスクなどでも喪服用の

ネクタイだけ売ってたりします。

今ではお香典袋、喪服用ネクタイが100均で売ってますね。

結婚式や法事などと違って、亡くなる日の特定などできません。

万が一の場合にそなえて、知識だけでもいれておくといいかもしれません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です