【MAX鈴木】ホットドッグ早食い選手権予選優勝・これまでの涙ぐましい努力の軌跡をまとめました。

先日、ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権

ラスベガス予選で優勝を果たしたMAX鈴木さん

とはいえ

ここで終わったわけではないんです。

次回は7月4日、セカンドステージへ進むことになります。

今回は

これまでひたむきに練習を重ねてきた道のりを追っていきたいと思います。

ちなみに

早食いの食べ方は普通のお食事や大食い決定戦の食べ方のように

【美味しそうではありません!】

むしろ

閲覧注意を貼り付けてた方が賢明とも思われますので

きちゃない食べ方が苦手という方は観ない方が良いかもしれません・・

何卒ご注意ください。

あ、ちなみにMAX鈴木さん。若干お話が長いので

そちらもご注意ください(笑)

協力しているお店は

高田馬場【表裏】そしてご主人、スタッフの方々です。

スポンサーリンク

2017/11/10 早食い世界一への道(00)

チャレンジは去年からだったんですね。

このトレーニングはバターロールに唐揚げをはさんだもの。

総重量4㎏。

【タイムの結果】15分目標でしたが・・24分54秒でした。

2017/11/14 早食い世界一への道(01)

ここから本格的にトレーニングを開始するのですが

なぜホットドッグ早食いなのに具が違うのか?というコメントがけっこうありました。

これはね、おそらくいきなりハードルを上げてしまうと命の危険すら考えられるから

だと思うんです。喉の耐性を整えるまでは本番と同じにはできなかったのでは

ないかと。

たまごサンド45個、10分完食目標。

【タイム結果】10分39秒。惜しい・・

2017/11/22 早食い世界一への道(02)

お時間短縮されたい方は飛ばして頂いてよろしいかもしれません。

42分あります(笑)

食パンをひたすら食べる動画に、ネイサンズの説明をされています。

【飛ばされる方のために・・】

8枚切りの食パン80枚、総重量3.6㎏。

15分で食べきるのを目標にしています。

でもこれ水を含ませる上に

お腹の中で膨らむので何倍になるのかはわたしには未知数です。

後半けっこうケプケプ、ゆらゆら、かたまったりしてます。

かなり苦しそう、しんどそう。

結局完食までに41分09秒かかりました。

だめだめですね。いや、だめじゃない。すごいです。逆におかしいです。

2017/12/04 早食い世界一への道(03)

長いバターロールにご飯を挟んでのトレーニング。

パンに慣れる練習。

75gのパンを25個。7分半完食を目標にしています。

姿勢を気にしながら食べてます。

味とかまったく関係なしの、本当のトレーニング。

ふつう喰らえません。

完食タイムは5分59秒でした。

2017/12/06 早食い世界一への道(04)

ラーメン1㎏、烏龍茶1.5ℓ、餃子500g、カレー1㎏

ここからそれぞれ色々な食材に対しての「スピード」、「対応力」を見るための

トレーニングになっています。

分析大事ね。

昔やってたフードバトルクラブ風の練習だそうです。

【タイム結果】

ラーメン1㎏ 2分06秒

餃子500g 36秒(ほぼ飲んでます

烏龍茶1.5ℓ 13秒

カレー1㎏ 48秒(こちらもほぼ飲み

これは早い!

2017/12/10 早食い世界一への道(05)

この日のトレーニングは

まぜそば1㎏、牛乳1.5ℓ、ゆで卵500g、たまごパン(コッペパンにたまごサラダをはさんだもの)1㎏の

完食トレーニング。

とてつのない勢い。。

結果。

まぜそば1㎏ 56秒

牛乳1.5ℓ 12秒

ゆで卵500g 39秒

たまごパン 2分31秒

2017/12/17 早食い世界一への道(06)

ラーメン1㎏、スポーツドリンク1.5ℓ、からあげ500g、ホットドッグ1本70gを15本。

このところのトレーニングは飲み込む力を鍛えてるそうです。

【結果】

ラーメン1㎏ 1分26秒

スポーツドリンク1.5ℓ 11秒

からあげ500g 1分14秒

ホットドッグ1.5㎏ 2分04秒

かなり緊張してるように見えます。

気合との兼ね合いがまだバランスとれていないみたい。

2018/1/3 早食い世界一への道(07)

ホットドッグ1.5㎏(目標時間2分半~2分45秒)

そぼろ丼500g(目標時間30秒)

チーズチキントースト1㎏(目標時間3分~3分20秒)

パンと肉にこだわったトレーニング。

この日からタイムに目安がついてるようです。

【結果】

ホットドッグ1.5㎏ 4分53秒

そぼろ丼500g 1分33秒 ※こぼしたものも全部食べようとしたところでかなりロスがありました。

チーズチキントースト1㎏ 5分07秒

全て目標時間に達成できず。

飲み込む時に苦労してるようですね。

この頃はかなり早食いに向いてないってコメントが多いんです。

2018/1/23 早食い世界一への道(08)

この日は飲み込む力を重点にしたトレーニング。

チキンドッグ1.75㎏、続けてチーズチキントースト810g

総重量2.56㎏。

ひとつずつタイムを止めずに続けて測っています。

【結果】15分32秒。

見た感じ、喉(飲み込む力)もそうなんですが

顎(噛む力)も若干不足してるみたい。

さてさてその後どうなったのか。

2018/3/10 ホットドッグの練習

もうこの頃から何回目、という表記はしてないんですね。

早食いというジャンルなので低評価が多い。

なぜなら、勝負にのみかけた食べ方だからでしょうね。

やっぱり美味しく、たくさん食べた方が良いという意見が多いんだと思います。

この動画は高田馬場「表裏」のご主人(アニキと呼ばれてます)との雑談からのトレーニングです。

マックスさんも話好きだもんね・・

17分54秒の動画ですが、実際の練習は7分21秒頃からです。

5分でいくつ食べられるかという設定にしています。

【結果】5分で24本完食。

タイムあがってきてます。

リズムをとりながら食べるのをやめた方がいいんじゃないか、とかの

反省会してます。

この時、はじめて手ごたえを感じてるって言ってる気がします。

2018/4/18 最後に公開された練習風景

この動画は特に【注意】がついています。

刺激の強い映像になっています、とあるように苦手な方は

読むだけにしてくださいね。

本番を想定しつつ神山さんという早食い界では有名な方と対戦しています。

水に浸しながら、これまでのようにパンとソーセージを分けてではなく

いっしょに食べてます。

やっぱり体揺らす方が食べやすいのかな。

飲み込む力がかなりあがり、終わった後ハアハアしております。

20本を43秒で完食。

いい人だな、神山さんも、表裏のご主人も。マックスさんもね。

いい人だな・・

全部で25分の動画ですが、練習は5分間。

その後のお話がね、心あたたまります。

さいごに。

何を言われても、不利な状態からでも

がんばり続けることって大切なんだってことを

教えてもらった気がします。

表裏のご主人が言うように焦らず集中して闘って、

そしてできることなら本戦優勝してほしいですね。

【表裏】のご主人が予選日3日前にアップしたドキュメンタリ―動画もあります。

余裕のある方はご覧ください。(スタッフの女性が愛くるしいです^^

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です