みんなとかぶらないバレンタインチョコを狙う!インパクトばっちりの極上お菓子たち。

こんにちは、オバサーです。

 

もうすぐバレンタインですよね。

今や、バレンタインデーに告白することなんて

なくなってしまったのかしら。。

 

友チョコという言葉まで定番になりつつあり

ご挨拶代わりにチョコレートを配るという風に

変わりつつありますよね。

 

それでもみんなと差をつけたい、

ちょっと変わったチョコレートをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

その前に

そもそもバレンタインデーというのは何から始まったのでしょうか?

 

バレンタインデーはいつから始まったのか

 

バレンタインデーとはそもそも

セントバレンタインデーと言われていますが

元々はセントヴァレンティヌスという人の名前だそうです。

西暦3世紀のローマでのことです。皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は、若者たちがなかなか戦争に出たがらないので、手を焼いていました。その理由は彼らが自分の家族や愛する者たちを去りたくないからだと確信するようになったクラウディウスは、ついに結婚を禁止してしまったのです。

ところが、インテラムナ(イタリア中部にある町で、現在のテルニ)のキリスト教司祭であるバレンティヌス、英語読みではバレンタインは、かわいそうな兵士たちをみかねて、内緒で結婚をさせていました。それが皇帝の知るところとなったから大変です。 しかも、当時のローマでは、キリスト教が迫害されていました。

引用:Happy Valentine Day

複雑な事情があるのですね。

 

そもそものバレンタインデーの始まりもローマからのようです。

豊穣の神のためのお祭りが長い間続いていました。

 

毎年2月14日の夕方になると

未婚女性達の名前が書かれた入れ物を

祭りが始まる翌日の15日に

男性たちがその 入れ物から紙を引いて

当たった未婚女性と祭りの間、

もしくは1年もの間付き合えというものだったそうです。

翌年になるとまた同じように紙を引きます。

 

なんだかすごい習わし。

 

後に若者たちの乱れた風紀を見据えた教皇がこのお祭りを禁じました。

代わりに女性の代わりに聖人の名前を引かせて1年もの間その聖人の人生に

習った生き方をするように促したようです。

そしてちょうどこのお祭りの頃に殉教していたセントバレンタインデー⁽セントヴァレンティヌス⁾お新しい行事の守護聖人としたのです。

いつかこの日に恋人たちが贈り物を交換し合うようになりました。

 

女性が男性にチョコレートを贈るようになったのは

日本から始まったものですね。

海外ではチョコレートだけでなくお花や宝石を送ると言うのが普通のようです。

女性から男性という決まりがあるわけではなく

女性から女性へ、女性から男友達へということも珍しくはありません。

男性から女性、ということも、男性から男性に贈ることもあるでしょうね。

 

送るものがチョコレート限定というのは日本のお菓子屋さん

バレンタインデーのセールをしたことから始まったようです。

初めは全然売れなかったようですがチョコレートを贈るように

輸入雑貨専門店が流行させたのをきっかけに

いつのまにかそのような習慣になったみたいです。

商品を流行らせる戦術の勝利というわけですね。

個性的なチョコレートをあげましょう。

 

あげる相手がどんな相手であれ

チョコレート送るのが定番になっている今

人の心理として

少しでも目立ちたいものです。

 

それでは

センスのある⁽!?⁾個性的なチョコレートを作っている

小松屋本店さんをまずはご紹介しましょう。

 

この店はとても個性的で虫シリーズという名のお菓子を

いくつも作っています。

若干閲覧注意ですのでちょっとご注意いただきながらご覧くださった方が

ひょっとしたらいいかもしれません。

 

カブトムシチョコレート

引用:小松屋

 

いもむしごろごろ

引用:小松屋

 

大ヒット!?超リアル幼虫チョコレート

引用:小松屋

 

工具チョコレート

引用:楽天

花札チョコレート

引用:Amazon

 

お魚チョコレート

引用:楽天

 

さもすれば、クッキーでもいいかもしれません。

 

甘いのが苦手な上司やパートナーに

バレンタイン用おせんべいを贈ったり。

 

城崎えびせんべい処 海老のや

引用:楽天/海老のや
もしチョコレートを渡す方が本命であっても本命でなくても

贈り物はチョコレートじゃなくてもいいとは思います。

 

例えば一晩で飲みきれる小さなシャンパンとか

限定発売の飲みやすい日本酒とか、

見た目のインパクトだけでなく

たくさんもらうであろうチョコレートに合う飲み物を

あえて探して持っていくというのもバレンタインデーの贈り物として素敵ですよね。

渡す相手へのも気遣いがちゃんと見えるのは

素晴らしいと思うんです。

あえてチョコレートじゃなくてもいい。

 

あえてたくさんチョコレートをもらうかと思って

飽きないように選んでみましたみたいな。

 

相手の気持ちや体調を考えたものをプレゼントして

是非、あなたの株を上げてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です