【スーパーカミオカンデ】ジグソーパズルの入手方法は?再販はいつ?

こんにちは、オバサーです。

 

昨日たまたまジグソーパズルの記事をあげたんです。

ほんとうにたまたま。

 

正直ね、ジグソーパズルは流行ってはいないですよ、

だからね、迷ったの。

どうなんだろうって思いながら。

 

でも、好きだから書いた。

レトロな気持ちと流行ってほしい気持ちと、

PCジグソーパズルしながら書きました(笑

 

トレンドなことを書こうとしてる人が、

「今時ジグソーパズル流行んないっすよ!」って言われちゃうだろうな。

「超マニアックじゃないっすか!」ってびっくりされちゃうな、って。

でも書き続けてもう気づいたら朝方になってた。

やっぱジグソーパズル楽しい!ってしみじみ思ったですよ。

スポンサーリンク

スーパーカミオカンデ。。ノーベル賞のやつ??

 

ところでスーパーカミオカンデって何。

ノーベル賞のやつ?

という雑な解釈しかないわたし。

頭の弱いわたしにもわかりやすく説明してほしい。。

 

目にも顕微鏡にも見えない、ほんの味付けくらいしかわからないくらい

小さなものが「素粒子ニュートリノ」らしい。

もうなんだかわからないくらい小さなものを見ることができる機械?装置?が

カミオカンデというもの、、らしい。

 

ほんと雑ね、でもそのくらいの解釈しかできない。。

 

さて

ジグソーパズルに話を戻しますよ。

 

「難しい」と言われると挑戦したくなることがあるが、東京や名古屋などで販売されたパズルが「あまりにも難しすぎる」と話題になっている。

引用:日テレNEWS24

 

えっえっ なに そんなに難しいの??

■異例の売れ行き

今、「あまりにも難しすぎる」と話題沸騰のパズルが売れに売れているというが、やってみると想像以上だった。きらびやかな丸い球がずらりと並ぶ不思議な模様。実はコレ、岐阜県飛騨市の実験施設「スーパーカミオカンデ」のジグソーパズル(1500円)なのだ。

スーパーカミオカンデは宇宙から降り注ぐ「ニュートリノ」という素粒子の観測をする施設。2015年にニュートリノに重さがあることを発見した東京大学・梶田隆章教授がノーベル賞を受賞した。我々が取材した7日は朝から売れに売れ…

引用:日テレNEWS24

 

なにそれ 話題沸騰て わたし知らなかったよ!!

みんなそれどうやって情報仕入れたの??

どうして知ってたの??

すごすぎる。

というか、7日にすでに完売。

さかのぼってみると10月下旬に販売されていたという。

 

わたしの鈍さよ。

 

ニュースも見たのですが、

「わたしうちでずっとジグソーパズルするの好きなんですー」

ってアナウンサーの方が仰っていて、なんだか嬉しかった。。

 

再販はどこで?

 

出典:東京大学宇宙線研究所

 

わかりやすく、単純に考えて

これは絶対メルカリとかヤフオクに出てるな、と

思いまして

行ってみました。

 

はい、すでに販売されていました。

大体2000円から5000円の間のお値段です。

 

しかし、クリスマス辺りには再販するとの情報。

少し待ちましょう、次は絶対買えます、きっと、たぶん。

 

そこで、どこで再販されるのか調べてみました。

東京大学宇宙線研究所オリジナルグッズ-オフィシャルサイト

の発表によりますと、

にて、12月23日・24日くらいに再販されるそうです!!

価格は1500円

300ピースという初心者レベルにも関わらず

1日で組み終える人はほんの一握り。。。

萌えます。

 

通販サイトで買うもよし、クリスマス間近で買うもよし。

わたしにとっては

ジグソーパズル界に花が咲いたことと、

ツイッターで「カミオカンデ パズル」の検索をかけたら

欲しい!ってツイートしてる人の多さに

嬉しさ満天なのでした。

 

ちなみにわたしも欲しいのですが

いけるとしたら本郷キャンパスくらいかな。。

 

敷居の高い東京大学ですが

勇気を出していってみようかしらと

思うしだいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です