2018年皆既月食は1月31日。本日天気予報要チェックです。時間・どの方角で見られるか?

こんにちは。オバサーです。

 

2018年1月31日夜に皆既月食が起こります。

私は正直皆既月食は怖くて見られないのですが

記録のために書いておきたいと思います。

 

この月食は日本全国で観測ができるようで

東南東の空にある次が20時48分からかけ始め

21時51分に南東の空で皆既食となります。

 

皆既食になった月は赤黒い色に見えるみたいです、

その後23時8分に終わり、 徐々に欠けた部分が小さくなり

日付が変わって 0時12分に南の空で部分色が終わります

 

今回は皆既月食のすべてが高い位置で起こるために

とても見やすいと言われていますが、

どうやら空模様が心配になってきました。

ひとまずご説明を。

スポンサーリンク

 

月食とは?

 

月食とは地球が太陽と月の間に入り地球の影が月にかかることによって

月が欠けて見える懸賞のことです。

満月の時に起き、日食と違って月が見える場所であれば地球上のどこでも

 

月食は毎年観測されるわけではありません。

部分月食は昨年2017年8月8日25%の月食でした。

皆既月食は2015年4月4日以来3年ぶりの観測となります。

 

今年は珍しく皆既月食が2回見られる年で

次回の皆既月食は7月28日。

 

今年の皆既月食が終わると次は2021年まで

観測することができません。

貴重な観測になるんですね。

 

なぜ赤い月になるのか?

 

月が赤く見えるのはなぜなのか気になりますよね。

今回の皆既月食の月面の色が赤黒く見えると言うことですが

これは地球の待機中の塵の量によって異なるそうです。

地理が少ないと黄色っぽく明るく見えるのですが

逆に塵が散乱すると月面は暗く見えるみたいです。

 

皆既月食以外で月が赤く見えるのは何故なんでしょうか?

よく、赤い月が出る日は地震が多いなどと言われたりもします。

これは 都市伝説に近いかもしれません。

 

月が赤っぽく見えるのは大気の影響のようですね。

朝日や夕日が赤く見えるのと同じ原理なのでしょうか、

見る角度によって赤い色や青い色が目に届きやすくなる

ということのようです。

実はどんな形の月でも実は星でも、

地平線の近くにある時は赤に近い色に見えるんですって。

 

また高い位置にあっても 赤くて大きく見えることがあるのですが

それは錯覚見たいです。。

 

昔の『旧約聖書』や『 奇跡の書』では

空に『黒い太陽と血のような赤い月』が見えた後に

災害が起きたと言う記述も残っているようです。

 

この黒い太陽とは皆既日食・皆既月食のことのようです。

その時大気中にあった空気の状態で月が赤く見えたことと

その時起きた災害が相まって不吉と言われるように

なったと思われます。

東京都内の観測スポットをご紹介します。

皆既月食をご覧になりたいという方のために

都内の素敵なスポットをいくつかご紹介したいと思います。

お花見の場所などでも賑わうところですが

この時期の21時くらいはとても寒いですね。

暖をとる場所や防寒対策をしっかりしなければいけません。

空を邪魔するもののない場所で温かいものを取りながら

観測することができます。

 

井の頭公園

東京都武蔵野市御殿山1-18-31

 JR吉祥寺駅公園口徒歩5分

 

中野 四季の森公園

東京都中野区中野4-13

JR 中野駅 北口徒歩6分

 

武蔵野の森公園

東京都府中市朝日町3-5-12

西武多摩川線多磨駅 徒歩5分

 

国営昭和記念公園

東京都立川市緑町3173

JR 立川駅あけぼの口徒歩10分

自動車で行く場合

中央自動車道国立府中ICより8 km

中央自動車道国立府中IC下車。国道20号線を立川方面へ。

日野橋交差点を右折。

 

2018年1月31日の天気は?

今日はまさしく1月31日なのですが

天気予報によると夜は雲が出てきそうです。

日本海側は新潟県から石川県にかけては雪の予報、いずれにしても

いま晴れている地域でも夜はお天気が崩れたり雲が出て着たりのようです。

今のところ宮城県付近は大丈夫そうかな、、というところです。

思いの外寒い2018年の冬。

極寒の中を冒険するよりも、ご覧になりたい方は夏まで我慢した方が良いかもしれません。

 

超簡単・以外で手軽すぎる防寒グッズ

 

それでも見てみたい!という方へ、、

外でも使える防寒グッズをなるべくお金がかからない方向

色々調べてみましたのでご参考までにご覧ください。

 

もうとにかく寝袋状態が一番。

一番の防寒はとにかく温かいものを着まくる。

当たり前のことですが、それが一番安上がりです。

ファッション性や見た目を全く考えないのであれば

とにかく家にあるものをまとって外に出るのが一番ではあります。

できれば軽いものがいいですよね、

重いコートを着るよりも

ヒートテック、パーカー、ダウン、の上にジャンパー。

 

問題はジーパンやスカートだけでは寒いという点。

おそらくひざ掛けだけでは暖を取りづらいと思うので

カイロは購入していきましょう。

 

忘れがちなのが頭と耳。

特に寒いときは帽子はかぶって行くのですが意外と

耳って寒いんです。

是非とも耳当てをお忘れなく

これは寒い地域に住んでいる友人が私にいつも

口を酸っぱくして言うセリフです。

耳が暖かいだけでだいぶ違うんですよ。

 

そしておすすめしたいのが、ひざ掛けはひざ掛けなのですが

ふわふわした素材のものではなくて

風を通さないカサカサしたカシャカシャしたもの、

いわゆるレジャーシート的なもの

自分の体温を閉じ込めておくことができるので実は便利なんです。

おしゃれを気にしなくて良いのなら大きいビニールを用意して行って

食べたり飲んだりしたものを帰りにビニールに入れてゴミ箱に捨てる、

という便利な使い方でもいいかもしれないです。

とはいえ、とはいえです。

四季の中で一番寒い時期ですし、

風邪をひいたり体調を崩したらどうにもなりません。

こちらをご覧になって、夏に期待しませんか?


出典:YouTube

お体だけは気をつけてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です