【ふんどしのススメ】体に良いとされるふんどしの正体をナナメ目線から検証したところ・・・

こんにちは、オバサーです。

 

きょうはナナメから行きますよ、

ふんどし。

世間的には数年前に少し話題になりましたよね、ふんどしが体にいいらしいと。

言ってしまいますけどこれ、下着メーカーの戦略でしょ?

なんだかね、この、商売商売!みたいのはあまり好きじゃない。。

それは目新しいですよ、ふんどしなんてキャッチーじゃないですか(違う??

下着の文化は発達し続けて、今やミクロだのマクロだの果てにはナノ繊維の

下着どうちゃらのご時世に、ふんどしに立ち戻ろうとすること。

ああ素敵。こういうの好き。心理的には。

 

じゃあ、教えてもらおうかいと。

何がどう体にいいのか。

それよりも先に、あのTバックみたいなの。くらいしか知識のないわたし。

ごりごりするんじゃないの?

スポンサーリンク

「ふんどし」すなわち「お尻まるだし」ではない?

ふんどしといえば、お祭りで男の人がねじねじの布を

お尻に巻いているイメージがとっても強い。

調べてみるとあの巻き方は神事のコスチュームなんですって。

日本の一部の地方では、通過儀礼として、一定年齢に達すると、成人を迎えた証として初めて褌を締める「褌祝」と言われる私的祭事がある。褌は陰部を覆うことから性的機能を持ったものの象徴として扱われ、歌舞伎の演技の中で、着物の裾をはしょり、見得を切る場面などは、陰部臀部を見せて褌を締めていることを表すことで、自分は成人した者であるとの証を象徴したものである。

引用:wikipedia

大人になった証なんですね、なるほど。

では、女の人のふんどし、、って昔アイドルがふんどし締めたりしてたけど。

女性用の褌は前垂れの有無に特徴がある。世界的に前垂れがある褌が男性用であり、前垂れがない畚褌などが女性用として性差を示す形が前垂れの有無であると言われている。歌舞伎役者の女形が畚褌を着用しているのもこの理由によるものとされる。

引用:wikipedia

ふんどしひとつとっても奥が深い。

女性がふんどしをする、ということ自体公にならなかったと。

歴史たどると必ず悲しいとかつらいとかってエピソードが満載だから

もう強気な姿勢なんてすぐどこかに吹っ飛んでしまう。

 

ふんどしは男性のもの、って小さいころからなんの不思議もなく思っていましたが

タンポンナプキンなどの生理用品が普及する以前は、越中褌やもっこ褌が「お馬」と呼ばれ生理帯のひとつとして長い間使用されてきたという歴史もあるが、当時は生理中の女性を穢れたものとして忌み嫌う風習があったことから、あまりおおっぴらに語られることがなかった。

引用:wikipedia

現代も女性に関することはまだ繊細な問題がたくさんあります。

昔から比べたらだいぶ声をあげられるようになったし、

ネットやSNSの普及によって世間も変わってきましたよね。

もう今やカオスのようにもなっているような気がしますが、

本題に戻りましょう。

ふんどしのススメ

ふんどしの何が良いかというと、

締め付けない。

むくみにも良いかも。

通気性があるので蒸れない。

履き心地が良い。

好きな生地を選ぶことと、見た目を気にしなければ

いいことずくしじゃない。。

ちょっと、定番の締め方を見てみましょうか。

 

まず、先に言った

ねじねじしているものは神事のものとはいえ、

このデザインのふんどしも一般用で販売されています。

六尺ふんどしの巻き方

引用:一般社団法人ふんどし協会

 

越中ふんどし

越中ふんどしは常用下着として使われてきたんだそうです。

巻き方はこちら。

引用:一般社団法人ふんどし協会

簡単にできそう。

これ、締め付けなくていいですね。

 

もっこふんどし

現代の下着にもあるタイプ。

紐は片方だけで結ぶのですね。

引用:一般社団法人ふんどし協会

こちらは一応男女に分かれて描かれていますが

越中ふんどしだから男性用、もっこふんどしだから女性用、

というわけではありません。

ふんどし専門店のたぬき堂さんでは男性がモデルでもっこふんどしを

着用されています。※↑をクリックするとたぬき堂さんにいけます。

 

トイレの時の使い方と、おすすめの使い方

引用:一般社団法人ふんどし協会

トイレの時はさすがに男性は使いづらそう。

はき心地を選ぶならあとは慣れですね。

 

ずっと調べていくと、一番のおススメは就寝時みたい。

たしかに眠る時にはくのは締め付けないし、

何よりも薄手の生地で作られているものも多いので

ちゃんと選べばもこもこして眠りのさまたげにはならなそうです。

 

☆ふんどし→パンツへの流れ

文明開化によって外国人が日本にやってくるようになった時代、

ふんどしを締めて歩いている日本人を見て驚いたそうです。

「品がない」という風潮が広がり、なんとなくしづらくなってきて、

日本人がだんだんアメリカナイズされ「パンツ着用」となっていったようです。

 

されど日本人です。

便利で使い心地も良いからみんな使っていたわけですよね。

ようはふんどし一丁で街を歩かなければ良いだけの話です。

 

 

実は今回の記事はふんどし愛用者さんからの影響だったのですが

かなり目からウロコでございました。

愛用者さん、教えてくださってありがとうございます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です