お腹が張って痛い!原因はわからないけど今すぐ試してみたい自然な対処法

こんにちは。

ここをご覧になっているということは

お腹がよく張ってむちゃくちゃ痛くなる方だったり

いままさにお腹が痛いけど

病院に行けない時間帯だったり、薬屋さんも開いてなかったり。

またはお仕事中などで拘束されている状況なのだと思います。

実はわたしも大変なガス人でして、何かあるとすぐお腹が張ってしまうので

その苦しみはとてもよくわかります・・

大半は便秘の方やストレスをためやすい方なのだと思います。

ここではとりあえず、そういった方のために

ストレスなんかの原因はともかくこうしてみては?という対処法を

ハードルが低い順からご提案してゆきます。が、

元来の対処は時間がきたり状況から解放されたらちゃんとおこなってくださいね。

 

※ここで提案するのは本当に基本というか、単純で自然なことです。

応急処置というか、とっても痛い方には気休めにもならないかもしれません。

でももしもこの中でやってないことがあったらやってみてください。

そしてそれでも激痛が走るようだったら今すぐ病院へ。

胆嚢炎を起こして最終的に摘出したわたしとしては、強く願います。

痛み止めだけでまあいいかではだめですよ。

後々本当に周りに迷惑かけちゃうこともありますから。

※妊婦さんにはおすすめできないことだと思いますので

やめておいてくださいね。

妊婦さんはどのような場合でもお腹が痛くなったら病院へ行こう。

激痛だったら救急車を呼ぼう。

※基本的にお薬が飲めない状況を前提に書いていますが

もしも薬を飲んでも良い状況で、もしお薬あるのでしたらそのように対処してください。

スポンサーリンク

お腹が痛くなりやすいなら体をしめつけない服を着ましょう

もう、便秘。ひどい便秘。

何日も出てない・・そういう時はプレッシャーを感じると余計にガスたまりますよね。

まず一番低いハードルとしては基本的に体をしめつけない服を着て出かけましょう。

ハイウエストの洋服とかざっくり着られる洋服とか。

エスニック系だとゆったり着られていいですよ。まあそれは余裕のある時に。

でも、わたしも体をしめつける洋服はふだんから着ないことにしています。

常温のお水を飲む。そしてトイレに行こう。

お腹が張って痛いとき、お腹にじかに触ると冷えてることが多かったと思います。

水がいいよ、というのは専門的な知識がない方からもよくアドバイスしてもらっていました。

お腹を冷やす冷たい水ではなく、常温かぬるいお湯です。

コップ一杯といわずペットボトルで。

今はコンビニでもホットドリンクコーナーに水のペットボトルが置いてあったりします。

丹田の周りをマッサージする

丹田というのは下っ腹のあたり、もしくはおへその周り。

くるくると腸の形にそってマッサージする。

もしくは下っ腹の左側を両手でゆらゆら揺らす。

腸がねじれてることがあるのでねじれを取るように揺さぶる感じです。

丹田(たんでん)は、内丹術を集めて煉ることにより霊薬の内丹を作り出すための体内の部位。下丹田は東洋医学における関元穴に相当し、へその下3寸(へそと恥骨稜の間を5寸とする骨度法による)に位置する。

引用:Wikipedia

背中の骨の一番下あたりをマッサージする

わたしがよくマッサージしていたのは背中の下の方、

肋骨の一番下、中心の骨の左側です。

骨と筋肉にそって押していくと楽になったりします。

痛気持ちいい程度でしたら軽く押してもだいじょうぶだと思います。

加減はしてくださいね。

激痛だったらやっぱり病院直行です。

お風呂に入る

帰宅してお風呂に入ることができたら、ゆったり体を温めてください。

体が緊張していると冷えるんですよね。お腹も痛くなります。

薬を飲むとしても飲まないとしても温めるのは必須だと思います。

横になっていて痛くなった場合

病院に行ける状態ではない時間帯でお腹が痛い場合。

でも救急車を呼ぶまでではないですか?あまりがまんしないでくださいね。

横になっている時は仰向けではなく横向きになった方が良いです。

ひざを曲げてゆっくりと、楽な姿勢でうつぶせに近い状態にしてください。

先ほどよりは痛みが治まるといいのですが。

あまりひどいようでしたら病院へ行ってくださいね。

何よりお腹を冷やさない。

出先でもおうちでも同じことですがお腹は冷やさないようにしてください。

やわらかな素材の腹巻をするもよしです。

わたしも昔はとてもプレッシャーがかかる現場にいたのですが

いつもお腹が張っていました。

そういうときは腹巻とカイロ。

腹巻は夏もしていた時があります。

夏なのにむちゃくちゃお腹が冷たかったことがありました。

最後に

ストレスを抱えていたり、プレッシャー満点だったり

がまんしなくてはいけない状態が多くあったり

いろいろなことがあってお腹って張ったり痛くなったりしますよね。

ちょっとくらいのんびり屋だと思われてもいいですから

自分を大事にしてくださいね。

お体も、心も。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です