【断捨離】苦手な片づけをすぐに解決!必ず部屋が綺麗になる方法。

こんにちは、オバサーです。

 

片づけが苦手な人、実は多いですよね。

仕事が忙しい。

勉強が大変。

心の余裕がない。

疲れきって面倒。

飲みにいってしまう・・・

 

総合的に言ってしまうと

ようするに気持ちはあるけど

体がついていかない。

 

一番の掃除あるあるは

逆に勉強に力をいれようとすると

部屋の片づけが始まってしまう。という

悪循環?ではないか、でも

勉強するときは勉強に集中しましょう。

仕事をするときは仕事に集中しましょう。

休憩をとるなら

勉強のための、

仕事をするための、

休憩をとりましょう。

 

「集中するための」、

甘いものを口に放り込むも良し

濃いコーヒーを煎れるも良し

掃除はしなくてよいのです(笑)

 

さて本題。

ある、わたしの尊敬する方がいつも言っていた

部屋を片付ける法がありまして、

お聞きしているととても画期的。

それにアレンジを加えてご紹介させて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

断捨離は自分の浄化

メンタルなことを少しだけ。

わたしは占い師もやっていたのですが(今は永久活動停止中です

やはりお部屋が汚部屋の方は運が下がります。

というか、自分がまとっている「気」そのものがすでに汚れているため

徐々に、気づかないうちに不調になっていくと思ってください。

同調は法則なのであがいてもだめなんです。

自分の周りから綺麗にしなければ

良きものも引き寄せにくいのです。

 

ただし。

例外として部屋が綺麗でも不調の方はいます。

その場合は心の中の問題なので、今回は割愛します。

 

まずはお部屋が汚い方、

すっきりしましょう。

自分が暮らしてゆく大切な場所です。

あなたが毎日目にするお部屋です。

いつも綺麗な方があなた自身の癒しにも浄化にもなります。

これだけ買えばいい。

モノにあふれてしまった自分の汚部屋。

気が遠くなりますね。

なんとなくこの方が居心地がいいかも・・・

などと思わずに。

せっかく片づけたいという気持ちの1歩があるのですから

無理をせず、すぐにゴミ袋を買ってこようとせずに

まずご自身のお気に入りの通販でこれを買いましょう。

 

第1ステップ

出典:Amazon

または、こういったものを購入します。

 

出典:Amazon

色分けされたカラーボックスでもよいです。

 

ここで大事なポイントは、

蓋がついていない

3つのカラフルに色分けされた大きめの箱を購入したら、

部屋の入口付近に並べて置くことです。

3つの箱は全部違う色にしてください。

簡単でしょう?ここでまず第一ステップクリアです。

 

第2ステップ

さて。

必要なものそうでもないものを、生活しながら分けていきます。

片づけの日は、まだまだあとで大丈夫、あせらなくて大丈夫。

しかも、その方がよしやろう!と決めて実行するより数段です。

まず決め事だけしてください。

例えば赤・黄色・青の箱を並べたとします。

帰宅したらまず、

赤の箱にはほぼ毎日使うものを入れておきます。

財布とか、鍵とか、ドライヤーなどなど

 

黄色の箱には毎日じゃないけどたまに使う、必要なものを入れておきます。

さっそくいれるのではなく、生活していて、「使った時に黄色の箱にいれる」

で良いです。

なぜなら、使った直後が一番に必要性を自覚しているから。

きょう使わないけど、またあさって使うし、黄色にいれとこ、みたいなことで良いです。

使い終わった時に判断していれていくだけで良いです。

わかりやすいところでいくと通帳とか、印鑑とか。

わたしの場合は美顔器とか、マッサージベルトとか三脚とか(笑)

 

さて青い箱。

青い箱にはしばらく使わないな、この服良いけどしばらく着ないかなとか、

イベントものだからとか、

あとは季節もののアイテムも入れてしまって良いです。

この箱は洋服とか一発ものが多いかもしれないですね。

 

毎日ポイポイそうして分けていくだけ。

これで第2ステップクリアです。

 

第3ステップ

そろそろ青がたまってきたかなーという時がきたら

ちょっと中身を見てみましょう。

中には何が入っていますか?

必要なものがどれだけありますか?

来年着るものですら、もう買い替えだったり

いらなかったりするものがいがいと多かったりします。

 

断捨離のために片づけるのはこの青の箱だけで良いんです。

この箱だけなら

これいるな、とか

あ、これ捨てよう とか

重荷にはならないですよね?

 

これには、実は色も関係しています。

目に飛び込んでくる色は、「赤だと食欲がわく」とか「青はわちゃわちゃと落ち着きない感覚がクールダウンする」とか、「黄色はやる気が出る」とか、とにかく目にするものの影響の強さは否定できません。といったわけで「断捨離」という目的を達成できるようにという配色なのでした。

 

赤のような暖色・・・赤はわりとテンションが上がりやすい色です。

毎日持っていくものを手に取るたびにこの「暖色」が目に入ります。

少なくとも、少しでも元気になれるはず。

黄色のような中間色・・・黄色や緑のような中間所色は判断が冴える色だと

わたしは思います。

青のような寒色・・・落ち着く。冷静になれる。など、片づけには持ってこいの色。

生活の一部にすることが大事。

なにせ、山とモノがある。

これをいっぺんにやるのは至難の業だ・・・と

あきらめないで。

生活上でちょいちょいやっていけたら

それだけで大きな1歩なんです。

そのうち色分けが楽しくなって

この色は、これ特集!とかやり始めたらもうあなたは

脱出しています。

楽しくなったときが一番のチャンス。

きれいなお部屋ってやっぱりいいですよ。

 

最後に・思い出と不純物はちゃんとわけよう。

 

元彼から、元彼女から、親から、友達から

もらったものもたくさんありますよね。

元彼・元彼女モノは全部捨てましょう。

もしくは

高価なものなら売ってください。

それ以外で、嫌な思い出や、これ微妙・・というものは

残しておかない方が身のためです。

いつまでもとっておかずにさよならしましょう。

捨てた分、必ず新しいものが入ってきます。

終わってしまった恋愛やものものしい思い出は

新しい出発の妨げにしかなりません。

多少の情があっても、

人間ですからすぐ忘れます。むしろ忘れた方が良いんです。

 

これからのあなたの人生の後ろ髪を引っ張るものはすべて

思い切って処分しましょうね。

 

簡単なところから

無理をせずやっていくうちに

断捨離も達成すると思いますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です